GW中好調を維持しているゲーリーの3インチフアットヤマセンコーですが! 毎日釣っているエリアを変更しながらガイドをしています。

というのも、綺麗な水を意識して釣りをしているという事もあるのですが、それ以外にも人的プレッシャーを避ける為、ボートの少ないエリアに入り、釣れるスポット探しからスタートさせています。

アイドリングでエリア移動中にスクリーンショットをしたのでエレキを下したままの画像です。フロントのローランス魚探455の振動子と干渉しておりますが、エレキを上げればノイズは入りません。

とりあえず狙っているのは浚渫のトップ! ただ、浚渫のトップに小カナダ藻がしっかり生えているのが条件です!ハミンバードで魚探がけをすれば一目瞭然! 一目でどこのハンプにウィードが生えているかがわかります! そんな、小カナダ藻の生えた浚渫トップを3Fヤマセンコーのジグヘッドで狙うのですが、ハンプのトップを釣るとオスが良く釣れます! なので、ハンプのエッジをアプッヒルとダウンヒルで狙う事で少し深場のメスを狙っています! ちなみに、エッジには小カナダ藻ではなく大カナダ藻があるエリアは激熱です!一軍ハンプとなります。

水温が上がってくればハンプのトップでもメスが釣れてくれます! 何れにせよ、長めのポーズで丁寧に釣っていく方が良く釣ります!

ギルバイトが増えてきたここ数日! そろそろギルもネストの時期にはいったのでしょうか? おまけにフォールでの落ちパクが増えたのでAnotherEdition5/16+ワイド4の組み合わせもチェックです!

ありがたい事に!釣れてくれました! イメージ通り釣れてくれるって素晴らしい! 感じた事をそのまま実行してバスからの答えが返ってくる!たまりません! これからはエビ藻も背を伸ばしてくるのでフォールを中心とした縦の釣りが有効になります!おまけん、エビの産卵もマッチするのでこれからがますます楽しみなパターンですよ!

5月5日こどもの日のガイドブログはこちら→truthブログ

 

おまけ画像!

何でしょうね?量がおかしかったのでついつい「カシャッ」っとしてしまいました。

ハミン画像で映すとこんな感じ! 固いとこ固くないとこが一目でわかるハミンバードのサイドイメージ画像は釣りを効率的にしてくれます!そして、GPS機能に優れたローランス魚探は釣りの制度を格段にUPしてくれます! 各々の魚探の長所を理解して使い分ければさらに武器になってくれますね。 もちろんローランス&ホンデックス!ハミン&ホンデックスという組み合わせも非常に魅力的なセッティングだと思います。

ちなみに、魚探はこのようにセッティングしています。 このように左右の魚探を近くに置くことで余計な動作が無くなり効率的になります! もちろんそれだけではありません、近い位置で魚探を見比べる事で見えてくる事が沢山あります。

 

SPONSOR LINK