NONEVER EC STORE

TKDガイドサービスでは欠かすことのできないラインシステム。ライトリグでの「ハリス」を使用した「リーダーシステム」とは!

商品名「トヨフロン スムーズロック」今まで使用していたリーダーラインとの大きな違いは!ミクロ単位でラインの表面が凸凹に!それによって、どうしても弱くなりがちな「結束部」の強度が大幅にUPしております。 これは、ガイドをしていて本当に欲しいと思ったアイテム!

 琵琶湖では対象となるバスが大きかったり、引きが強かったたり、障害物があったりと、スピニングラインをどうしても太くする傾向にあります。そうする事で、ボトムがとりずらかったり、ルアーが飛ばなかったり、バックラッシュしたりと、ストレスも多い! 

そこでおススメしたいのが、トヨフロン スムーズロックを使用したリーダーシステムになります!メインライン4ポンド(東レ エクスレッド)にスムーズロック1.5号~2号を約1.5m程結束! このシステムで釣りをするようになってから、ゲスト様のライントラブルが減少!飛距離もアップ!口切れの心配もないのでランディングも安心してみていられます!

ただ、どうしても結束部分でのブレイクに悩まされていた・・・・・・ってところを「トヨフロン スムーズロック」が解決してくれております!

一度、ことらの商品紹介をご覧ください!

フロロラインとフロロラインの結束方法は、また後日ご紹介!

 

スタッガー3.5のジグヘッドが好調!

釣れますねぇ~ プリスポーンからポストスポーンまでの個体が多く反応した本日のスタッガー3.5テールカットのジグヘッドリグ! ただ、丁寧に丁寧に動かさないとバイトは激減。動かし方ひとつで釣果に大きく差が生まれます!

とにかく丁寧に! 新芽を外したら「ステイ」岩から外れたら「ステイ」とにかく移動距離を抑えて「ステイ」これが一匹でも多くバスをキャッチするコツになります! エリア的には下物浚渫エリアのハンプが中心! 「深いところ」ではなく、とにかく「浅いところ」そして、岩やウィードがある事が条件です。

流儀にも「ヴェスパ」というミドスト専用のジグヘッドがありますが、ボトムをトントンするにはノガレスさんの「GENTEN」を使用! フックの軸も太いので安心して使用できます! ガードは、とってもとらなくても大丈夫な感じです!

スタッガー3.5のテールカット方法

赤いラインが入っている角度でテールをカットしてください!

少し長めのハサミを使用す方がきれいにカット可能!

横からみた角度はこんな感じ!

こんな感じ! テールをカットすることでジグヘッドリグのメリットである操作感を失う事無く使用可能! また、スタッガー3.5はジグヘッドリグにセットしてもワームの重心が後方にあるので、軽いジグヘッド(0.6~0.9g)を使用しなくても、ボトムにソフトにプレゼンテーションが可能になります=引っ掛けるんだけと引っ掛かりすぎない!ってことで可能になります! GWが明ける頃までは非常に有効なジグヘッドパターン!是非、トヨフロン スムーズロック」のリーダーシステムとセットで使用してみて下さい。

リグ紹介

スタッガー3.5 テールカット

ジグヘッド:GENTEN 1.8 #1

ライン:エクスレッド4ポンド

リーダー:トヨフロン スムーズロック2号

 

SPONSOR LINK