連日大船団となっている4本柱南からカネカ沖のウィ‐ドエリア! ずれも例年ウィードの残る北側のウィードエッジと南側のウィードエッジまでの長いストレッチ!

このように水温が低くても多くのウィードが生えております! 緑四角はカナダ藻エリア!モリモリと生えているように見えるのがカナダ藻の特徴です! そうなるとギルとバスには最高のスポット!メタルバイブを中心としたリアクションの釣りがメインになっているようです!

オートチャートライブに上書きしながらウィードレイヤーを使用することでカナダ藻の生えはじめと終わりがきっちり分かりますね!

南湖南エリアで導水管の上を通った時の画像!硬い物の上を通った場合は、しっかりと2Ð画像に反射して映っていますが、導水管の真上を通ってしまうとハミンバードのサイドイメージでは見落とす場合があります。2Ð画像との併用がおすすめです。

ちなみに、HDSのストラクチャースキャンは真下の沈みものを綺麗に写す事ができます!これはハミンとローランスの振動子の違いです。

 

GPSは主にローランスを中心にマーキングしております「ウェイポイントのアイコン紹介!」

赤丸はハードボトムマークとして使用! ディープフォール周辺のハードボトムエリアや少し湖底が硬くなったスポットをマーキングする時に使用! ちなみにハードボトムの外周は違うウェイポイントでマーキングしております!

SPONSOR LINK