ハミンバードのヘリックスシリーズには自動で地図を作成してくれるオートチャートライブ機能が備わっている訳ですが、ローランスにはリーフマスターで地図を作製する以外にも、チャート上にオーバーレイしたストラクチャースキャンを、そのまま保存してチャート上にストラクチャーMAPとして上書きしてくれる便利機能が備わっています!

実際に先日いった霞ケ浦のプラクティスでは多用したのでご紹介! このように、チャート上にAT5のように載せる事ができる機能です(この機能があるからオートチャートライブ機能がいらない!リーフマスターがいらない!という機能ではなく!このように縦に長いストレッチをストラクチャーMAPにおこすことで無駄なイベントマークを最小限に減らす事が可能になる機能です!デメリットとしては蛇行したエリアや横に範囲の広いエリアをカバーする場合は不向きです!バンク際や長いストレッチを魚探がけする霞水系や遠賀川・旧吉野川などでは非常に重宝する機能です。)

このように、ストラクチャーMAPにする事で実際にストラクチャーMAPを見ながら釣りが可能!インビジブルなストラクチャーにイベントマークを打つこと無く釣りが可能です!

霞ヶ浦では有名な小高干拓のテトラエリア!こんな長いテトラエリアも一度通るだけでMAPを作成できる便利機能です! 岬やブレイクなど上下の高低差を把握する為にはオートチャートライブやリーフマスターなどの機能が活躍してくれますが、実際にコボレテトラの把握や沈み物をMAP上に残すには非常に便利な機能です!

次回(いつの日か・・・)はこれの操作方法についてUPしてみたいと思います!

優勝の立役者ヘリックル魚探のACL機能! 琵琶湖はギルを狙うべし!

琵琶湖では北ディープで良型が釣れ出しましたよ! 10月7日のガイドブログ→truthブログ

 

SPONSOR LINK