七色以降はパターンをウィード内部のパンチショット系リグに切り替えアプローチをしております!狙っているのはカレントのきいたエビ藻パッチ&カナダ藻ドーム!エビ藻の場合はフォール中のアピール欲しいのでJacksonのクエイククローをチョイス! カナダ藻ドームを狙う場合はすり抜け重視のストレート系ワームを使用しております。

このように、カナダ藻フラットの中でも黒丸のようにカナダ藻内部に空間のあるエリアがバスをストックしおります!まだまだ、エリアは多くありませんが見つける事ができればかなり期待できるでしょう!

こちらはエビ藻パッチを狙いキャッチしたクエイククローでの一匹! ゲスト様の自己記録更新となる61.5㎝のBIGバス! 20ポンドのフロロを巻いていたので一安心! コレからは20ポンドが必須ですね!

 

7月12日のガイドブログはこちら→truthブログ

SPONSOR LINK