5月22日になりますが琵琶湖ガイドの大先輩である黒須プロとの琵琶湖釣行! 以前から釣りをご一緒させてください、とお願いしていたのがやっと現実に! ただ、今回の出艇は僕のボートで!黒須プロもヘリックス魚探が気になっていたようで一石二鳥な感じです。

魚探でエリアを分析しながらエリアをチョイスしていきます!  ファーストフィッシュは黒須プロがバイズカーリーで釣ったハンプリの60! もぉ~流石としか言いようがありませんね!

ちなみに、釣れたのがこんなエリア‼ ボディーウォーターのアウトサイドエッジに近いカナダ藻エリアです。

ちなみに、ボディーウォーターのアウトサイドエッジにはこのように黒い藻が存在しています!これが引っかかってくる場合は少しインサイドへとボートポジションをずらしてください。

赤丸で囲んであるブツブツエリアがその黒い藻エリアです。僕はバンビちゃんと呼んでいます。そして、釣れたのは緑丸で囲んであるカナダ藻エリア。その中でもカナダ藻に高低差のあるスポットにいたようです。

こんな感じで緑丸エリアではキレイな小カナダ藻が釣れます! ロッドにブチブチッと固い感触があれば小カナダ藻に間違いありません。 釣りをしながらカナダ藻なのか?エビ藻なのか?センニン藻?フサ藻?アップヒルなの?ダウンヒルなの?と意識しながら釣りをしてください。

ちなみに、ヘリックス魚探で小カナダ藻フラットを写したらこんな感じ!緑の丸!高低差の無い綺麗なフラットエリアです。

そして小カナダ藻のフラットに生えるエビ藻さん黄色丸‼ ここ最近気づいたのが、エビ藻をサイドイメージでみつけるのは正直難しい! カナダ藻とフサ藻を見分けるのは慣れてきましたが、エビ藻は見落としがちになります。 その場合は2Ⅾ映像も見ながら判断するのが楽かもしれません。 今回は白い丸で気づく事ができました!  白い丸は背の高いエビ藻の影になります! このようにエビ藻の影を見落とさないのも大切ですね。

SPONSOR LINK