放水量も弱くなりカレントで寝ていたウィードも魚探でみつけられやすくなりましたね。ここ最近は小カナダ藻の成長が著しく新芽のウィードフラットは7gジャンボグラブのテキサス(風が吹いたらバレッジよ)! 新芽のパッチはヘビダンでシンカーを引っ掛けながらスポットを釣る作戦。

本日はウィードパッチをスタ3のヘビダンで! シンカーを新芽に引っ掛けてワームをフォール!引っ掛けてフォールの繰り返し! シンカーで新芽を感じられる3.5g・5g・7gらへんでOK!

フックは流儀のダブルエッジ!ヘビ―タックルというよりもベイトフィネスに近い12ポンドクラスの琵琶湖フィネス的なタックルにベストマッチ! 20m向うのウィードパッチにリグを導入しても、サクッと刺さるフッキングの良さはダブルエッジの魅力です。スタ3との相性も抜群!

ロッドはブラストビーツの610Mで決まりです。

SPONSOR LINK