img_8721

開発中のクランキングロッド! このロッドは僕が日々の琵琶湖ガイドで感じたクランキングの知識を全て盛り込んだ集大成!に、なる予定(笑)

琵琶湖のクランキングロッドで最も大切にしている要素が、ウィードに対してのプレゼンテーション!

いかにクランクベイトをウィードに対してアプローチできるかで、大きく釣果に差が生まれます!これは、琵琶湖でクランクベイトを一日やり切った事のあるアングラーであれば理解して頂けるでしょう! もちろん、クランクベイトの違いでウィードに対するタッチ感は変わりますが、全ては手元に伝わった(ウィードのタッチを)瞬間に勝負が決まります。  クランクがウィードに刺さり過ぎてしまうのか、優しく触れるのか、これが大切。

img_8661

釣れるロッドは優しくウィードにタッチする事で、クランクベイト自身の浮力でウィードから浮上することができます、まるでクランクベイトがブルーギルのように!逆にウィードにクランクベイトが刺さり過ぎてしまうと、リップやフックにウィードが絡みバイトチャンスが減少します! もちろんスローリトリーブで使用する場合はアングラーの技量で多少はカバーできます、ただ、高速リトリーブなればなるほどロッドのチカラに頼るしかありません。

 

そんな、ウィードに対するプレゼンテーションを簡単にするのが今回のロッドです。

img_8659

バスからの答えが返ってきました。 久しぶりにクランク丸のみ! ロッドがより深いバイトにしてくれているようです。

もちろん、ただただ、柔らかいロッドではダメ! ロッドを縦にさばける強さも必要です。 只今、そのバランスを調整しております。

SPONSOR LINK