なかなか水位の減らない琵琶湖。濁りも相変わらずとあってクランクベイトの出番が多くなっております! 先週までは濁りも強く残っていたのでSKTを中心としたマグナムクランクの強波動が有効でした!

ただ、バス自身も濁りに慣れてきた&少しだけクリアになってきたということもあり、少しリアクション効果が強くスピードの出るHU‐400にバイトが集中する傾向になっております。 狙っているのはウィードの残る4mフラット!(通常だと3m~3.5m程の水深です!)風の力を利用して風下にフルキャストする事で飛距離を稼ぎます! 約40m程飛んでくれればエクスレッドの14ポンドを使用していてもウィードトップをタッチする事が可能!高速で巻いてウィードにタッチするリアクションにバイトが集中してきますので、ウィードに必ず当てる事が大切です!

キャストそれ程飛ばない方は、さらに深い水深まで潜ってくれるマッドペッパーマグナムやショットオーバー5をおすすめします! 僕自身はラインポンド数を10~12ポンドに落として使用することは極めて少ないですが、どうしてもウィードにタッチしない場合はラインを細くしてあげるのも対策の一つです!

SPONSOR LINK