何だかんだ釣れない日は無いAE+ワイドのギルパターンですが、決してバイトが多い訳ではございません!ただ、間違いなく言えるのがバスのサイズが良いという事と!

ギル食いバスには強いパターンだけにコレからの季節は絶対に外せないアイテムの一つですね!ちなみに、バレッジスイマーAnotherEdition略してAEのサイズ別使い分けはフォールで食わせるのか?ボトムで食わせるのか?フォールでバイトが集中する場合は基本的に5gを!ボトムでバイトが集中する場合は7gを使用!もちろん、どちらのパターンも例外あり! 暑くなると早いフォールに好んでバイトしてくる事が多いので7gを使用したり!カナダ藻以外のフサ藻やササバ藻といった芯の弱いウィードを釣る場合なんかは5gで優しく釣る事をおススメしております!

こちらはライトリグでの一匹‼土日のプレッシャーを避けたエリアではライトリグの出番!適材適所でルアーを使い分ける事が大切ですね。

6月の楽しみでもあるフローティングミノーやポッパーの表層ゲームも忘れずに!カナダ藻のシャローフラットはポッパーの重低音で狙い、縦のエビ藻はフローティングミノーでバスを引っ張り出すのが基本ですね。

SPONSOR LINK